コエンザイムQ10

DHA
コエンザイムQ10 2001年に医薬品の範囲に関する基準(いわゆる「食薬区分」)が改正され、さらに2004年化粧品基準が改正されて、健康食品や化粧品への利用に道が開かれました。しかし、体内で合成されるものを摂取すること、消化器で分解されることを考慮すると、コラーゲンと同等に、その効能はわかっていません。摂取量については、どの程度までなら摂取しても安全なのか、などといった推奨量や上限量はわかっていません。

また「多量に摂取した場合に軽度の胃腸症状(悪心、下痢、上腹部痛)」があらわれるという報告があり、1日に数十mg以上の過剰摂取は避けた方が望ましいです。厚生労働省からは医薬品として用いられる量(1日30mg)を超えないようにとの通知が出されています。

ユビキノンから開発された「イデベノンIdebenone(アバン)」は脳循環・代謝改善剤として使用されていたが、日本では1998年に医薬品の承認を取り消されています。
  • ワーファリンの作用を減弱させる可能性があるので注意しましょう。