日本のブルーベリー

日本のブルーベリー
日本 ブルーベリーが、日本の公立の機関で始めて入ってきたのは、1951年と新しく、当時の北海道の農林省がアメリカのマサチューセッツ州立農試から導入したものです。それ以降新種は、国や県や大学が中心でしたが、 1990年代からは民間の苗木業者が中心となってきました。1983年ごろから各地で広がりがはじまりました。2010年には、1000ha、生産量は、3000トンに達しています。今は個人の庭や畑でも多くみられますね。
  • 食べるのは熟すまで待ちましょう。甘くなります。ジャムにはいいですね!