ブルーベリーのアメリカ人との関係

ブルーベリーのアメリカ人との関係
アメリカ人との関係 ブルーベリーは、昔々アメリカの原住民が食べていましたし、ヨーロッパから移住してきた人たちにジャムや乾燥したものが提供され、サム一ハウの生活で、病気や上から命を守りました。 このことによりブルーベリーは、「命の恩人」とも呼ばれるようになりました。そして、品種改良が始まり、1920年には3つの新品種が発表されました。 「パイオニア」「カボット」「キャサリン」です。1912年ごろから始まり8年目の結果でした。その後、品種改良は、アメリカの海賞に加えて、 ミシガン州立大学、ミネソタ州立大学、ニュージャージー州立大学、ジョージア州立大学、ノースカロライナ州立大学、アーカンソー州立大学、フロリダ州立大学でも研究が始まりました。
  • 食べるのは熟すまで待ちましょう。甘くなります。ジャムにはいいですね!