アスタキサンチン

アスタキサンチン
アスタキサンチン アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化反応から生体を防御する因子として働いていると考えられます。また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われています。
  • 。β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。IUPAC名は 3,3'-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4'-ジオン。自然界に広く分布します。甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られます。