イチョウ葉

イチョウ葉
イチョウ 数々の臨床試験において、イチョウのさまざまな有効性が報告されています。 認知症の改善、 記憶改善、 脳機能障害の改善、 末梢循環障害の改善、 なお、これらの臨床試験は、医薬品規格を満たすイチョウ葉エキスを用いて行われており、市場で販売されているものが、同等の効果を持つとは限りません。
相互作用
イチョウ葉エキスには血液の抗凝固促進作用があり、アスピリンなど抗凝固作用を持つ薬との併用には注意を要します。インスリン分泌にも影響を及ぼすため、糖尿病患者が摂取する場合は医師と相談した方がよいです。また、抗うつ剤や肝臓で代謝されやすい薬(CYP2C9、CYP1A2、CYP2D6、CYP3A4の基質となる医薬品(例: ジアゼパム、ワルファリン、トリアゾラム、ハロペリドール))も相互作用が生じる可能性があります。原因は明らかでないものの、トラゾドンとイチョウ葉エキスを摂取した高齢のアルツハイマー症患者が、こん睡状態に陥った例も報告されている。利尿剤との併用により、高血圧を起こしたとの報告も1例あります。
  • イチョウの葉にはよい面も悪い面もあるため、飲みすぎは注意しましょう。