DHA

DHA
DHA 魚やその他の生物に含まれるDHAの多くは、ラビリンチュラ類の1属である Schizochytrium 属などのような海産の微生物によって生産されたものが、食物連鎖の過程で濃縮されたものです。多くの動物は体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやDHAを生産することができますが、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10-15%程度です。 「日本人の食事摂取基準(2010年版)」ではエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸については1日に合計で1g以上の摂取が望ましいとされています。魚油食品、タラ、ニシン、サバ、サケ、イワシ、ナンキョクオキアミは、エイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸のようなω-3脂肪酸に富んでいます。 1日3g以上のDHAの摂取で、凝血能が低下し出血傾向が起きることがあります。
  • 食べるのは熟すまで待ちましょう。甘くなります。