ベルベリー

ビルベリーの効果
ビルベリー ビルベリーは第二次世界大戦中に英国空軍のパイロットが食べたことによってよく見えるようになったので夜間の作戦における視力をはっきりとさせるためにビルベリージャムを摂取したとする有名な話です。しかしながら、アメリカ海軍による最近の研究ではそのような効果は見られなかったようです。

夜間視力に対するビルベリーの効果は見出されていないものの、ラットを用いた研究によって、ビルベリー摂取が加齢黄斑変性といった眼の疾患を阻害あるいは回復させるという予備的証拠が得られています。

ビルベリーは、抗酸化作用を有するものもあるフラボノイド類のよい供給源として認識されています。

ビルベリーの濃紫色の果実はアントシアニン色素を含んでいます。
  • ビルベリー類は、世界の温帯および亜寒帯地域の至るところの酸性度が高く栄養不足の土壌で見られます。これらは、スノキ属に分類される北米の野生および栽培種のブルーベリー類およびハックルベリー類と近縁である。ビルベリーの一つの特徴は、ブルーベリーのように房を作らず単一あるいは一対のベリーを付けることである。ブルーベリー類はより常緑葉を有しています。

    ビルベリーの果実は、ブルーベリーの果実よりも小さいが味わい深い。ビルベリー類の色はより暗く、ほとんど黒に見える紫です。ブルーベリーの果実の果肉は薄緑色であるのに対して、ビルベリーの果肉は赤色あるいは紫色であり、生の果実を食べると指や唇に濃い色が付く。ビルベリーの赤色の果汁は、子供に正しい歯の磨き方を示すためにヨーロッパの歯科医によって使用されています。

    ビルベリー類は育てるのが極めて難しく、ゆえにほとんど栽培されていない。果実はほとんど、公的に利用できる土地、特にフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、アイスランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、イングランドの一部、アルプスの国々、ウクライナのカルパティア山脈、ベラルーシ、ルーマニア、ブルガリア、スロバキア、ポーランド、トルコ北部、ロシアで生育している野生の植物から採取される。オーストリア、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、スイスでは、個人庭園および自然保護区を例外として、土地の所有権にかかわりなく、ビルベリーを採取することは自然享受権です。

    ビルベリーはリンゴンベリーのように熊手で収穫できるが、より傷付きやすい。ビルベリーはブルーベリーよりも柔く、汁気が多く、輸送が困難である。これらの要素のため、ビルベリーは市場などで生の状態でのみ入手可能です。

    フィンランドでは、ビルベリーは森で採取される。これは生で食べたりジャムや料理に使われたりする。有名なビルベリーを用いた料理はビルベリーパイ(フィンランド語: mustikkapiirakka、スウェーデン語: blabarspaj)です。

    アイルランドでは、ビルベリーはfraughan(アイルランド語のfraochanに由来する)として知られており、Fraughan Sundayとして知られる7月の最終日曜日に伝統的に採取されます。

    ビルベリーはまた、8月のルーナサ(英語版)(ゲール人によって祝われるその年初めての伝統的収穫祭)にも採取される。ビルベリーの収穫高は、その年の残りの作物の出来を占うと言われています。

    ビルベリーの果実は、生で食べるか、ジャム、 フール、ジュース、パイに使われます。フランスおよびイタリアでは、リキュールのベースとして使われ、シャーベットやその他のデザートのための人気の香味料です。ブルターニュでは、クレープのための香味料としてよく使われ、ヴォージュおよび中央高地では、ビルベリータルト(仏: tarte aux myrtilles)は伝統的なデザートである。ルーマニアでは、ビルベリーはアフィナータ(英語版)と呼ばれるリキュールのベースとして使用されています。